« 雨傘を買い替えた | トップページ | 三浦半島一周 »

Yahoo! JAPANを騙った不正メール

しばらくアクセスしていなかったYahoo!メール、今日覗いてみたら、受信箱に「Yahoo!オークションカスタマーサービス」を名乗るメールが数通入っていた。

何気なく読んでみると、「あなたが設定している迷惑メールフィルタと振り分け処理が原因で、システムに負荷をかけている。早急に対処して当方まで連絡せよ。」という警告だった。
その数時間後のタイムスタンプでまた来ているので、そっちも見てみると、先のメールに関する返答が無いことに対する「督促」である。
そして、翌日付けの3通目のメールは、最後通告と見られる内容。

C0147448_20494942

画像の下3通が不正メールと見られるもの。一番上のメールがYahoo! JAPANからのメール。

しかしちょっと待てよ。

まず、メールのフィルター処理は通常の利用方法に従ったもので、システムに負荷をかけるようなものとは到底思えないし、天下のYahoo!様がこの程度でコケるとしたらお笑い草である。

よく読んでいると、話しが唐突で強硬だし、最初のメールから2通目、3通目までの間隔が短く、受信者を慌てさせようとする意図すら感じさせる。内容にも怪しいところが多々あるし、冷静に観察すると、突っ込みどころ満載である。

仮に、システムやサービスに重篤な障害を引き起こしているとしたら、当該ユーザに対してフィルターの利用制限をかけるとか、アカウントの一時停止をすれば回避できることなのに、それをせずにユーザの対処をひたすら待っているところが笑える。
また、システム障害がユーザひとりひとりから確認しづらいことを言い表すために、「瞬間的に」って(笑)。

受信メール一覧に「Y!」マークが無いことを不審に思い、検索サイトで調べてみたところ、全く同じメールが多くの人に届いていることがわかった。

Yahoo!セキュリティセンターに本件に関する通知が出ている。

Yahoo!セキュリティセンターの記載によると、警告メールに連絡先として記載されたメールアドレスに返信すると、折り返し、IDやパスワードを聞き出すメールを送ってきたような雰囲気。

全く、油断も隙もない。

|

« 雨傘を買い替えた | トップページ | 三浦半島一周 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。