できごと

東京タワーも被災

今日は社外の用事で芝公園に行きました。

おなじみ、東京タワーです。

C0147448_22232829

よくみると、最上部のアンテナが曲がっています。

C0147448_22241770

ニュースなどでも報道されたとおり、3月11日の東北地方太平洋沖地震の揺れでアンテナの一部に変形が発生して曲がってしまったそうです。

補強工事は完了したようですが、曲がっているのまでは直してなかったんですね。

| | コメント (0)

運転免許証更新2011

今日は、二俣川の運転免許試験場に免許証の更新に行ってきました。

8時ちょっと過ぎぐらいに到着しましたが、既に受付窓口1番には長蛇の列です。ですが、係の女性の皆さんは熟練の早口トークでどんどん捌けていきます。

手数料の証紙は豪華「松」の2時間コースです。(汗)

適性検査では、乱視が悪化してきているので気になっていましたが基準は満たしていたようでパスしました。
ただ、距離があると案内標識の小さな文字が読み取りづらくなってきているので、いずれにせよメガネはそのうち必須になるでしょう。

講習が終わってすぐ、ちょうどお昼に新しい免許証が交付されました。今回はICチップが入ったカードタイプになりました。
しかし、ICカード化って、本籍などがチップに書きこまれていて券面に記載されていないので少しのプライバシー保護になっている以外、所有者にとってのメリットってあるんでしょうかね?

試験場から出て、献血して帰ってきました。


しっかし今日はすごい風ですね。。。

C0147448_21482870

お土産に頂いた、トミカ 日本赤十字社 献血バス ミニカー(非売品)

| | コメント (0)

食料、乾電池、ガソリン、水、その次は

震災以後、一部の食料、乾電池、ガソリンが品薄になりましたが、食料品はようやく店頭に十分な量が並べられるようになりましたね。

ですが、ガソリンスタンドはいまだに長蛇の列、神奈川県の僕の自宅近辺も例外ではありません。そして、水道水の放射性物質濃度が上がったことによる飲料水の急激な需要増で、市場は混乱していることでしょう。

それにしても、ガソリン給油のために長蛇の列をつくり何時間も並ぶとか、通行規制が解除された直後に高速道路に駆けこんでサービスエリアの給油所に飛んでいくとか、普通じゃないです。

僕はもう、落ち着くまで当分の間はクルマに乗らないことにしました。
週末は歩いて買い物に行き、それ以外はのんびり暮らします。

| | コメント (0)

均衡の崩れ

今朝は洗濯物をクリーニング店に出し、その足でスーパーマーケットに買い物に行きました。
ニュースなどで、関東でもガソリンスタンドには給油しようとする車が長蛇の列を作っている、ということなので、なるだけ車は使わないようにして、徒歩で行くことにしました。

自宅からちょっと行ったところにはいつも利用しているエッソのスタンドがありますが、その何百メートルも手前にある交差点に差し掛かったところで、どうやらエッソの従業員の人と思われる女性が、「ここは最後尾ではありません」と書かれた紙を持って立っています。
交差点を挟んだ向こうを見てみると、あきらかに並んでいると思われる車がさらにズラ~っと並んでいます。

とりあえず先に進み、ドラッグストアにさしかかると、そこにも開店待ちの人の列。
さらに、このあと行く予定のスーパーにも数十人の開店待ち行列が。

東京や神奈川は、3月11日の地震の影響は無く、街並みは何一つ変わりません。

ところが、震災の影響による電力不足、製油所や流通、食品の製造拠点や産地が震災でダメージを受けたことによる一部物資の品薄状態、そして、いつ起こるか判らない震災への不安、それらがからみ合って人々を買い占めや買い溜めに走らせているのは報道などで言われている通りだと思います。

今の日本、特に関東のように異常に人口密度の高い都市でも物が溢れて豊かそうに見えるのは、あくまでもすべての要素がバランスを保っているからこそであり、その要素の一部が失われるなどしてバランスを崩すと、途端に飢えた状態に陥ってしまうことが今回よくわかりました。

| | コメント (0)

今日、二度の地震

花粉症を発症したのか、ここ何日か鼻づまりで夜もろくに眠れない状態です。
ほぼ眠れていない状態でベッドで横になっていると、ズシンと来る大きめの揺れが来ました。

緊急地震速報が来るかもしれないので枕元に置いておいた携帯電話を見てみると、5:00。
でも、緊急地震速報は受信していません。

揺れは程なく収まりましたが、暫くして起きてから確認すると、なんと、東京湾が震源になるマグニチュード4.1の地震でした。
これって、要するに、東京直下大地震のときは緊急地震速報も間に合わず、いきなり来るってことですかね・・・。それとも規模がそこまで無かったということでしょうか。
これが今日の1回目の恐怖でした。

そして、22時30分過ぎ。

報道ステーションを見ていたらテレビ画面に緊急地震速報の赤い表示!
携帯電話からも警告音が鳴り始めたと思ったとたん、縦揺れの直後、大きな横揺れがきました。

部屋全体がガクガクと音を立てて揺れ、スピーカーの上に載せていた温湿度計が転げ落ちます。
本震のあと、二度三度と余震があり、規模の大きい地震だったことが判ります。

3月15日 22:31 静岡県東部 北緯35.3度 東経138.7度 深さ10km マグニチュード6.0

通勤で利用しているJRの路線が明日から運転再開することに安心して、控えていたビールを飲んでいた最中でした。

これから一体どうなるんでしょうか・・・

| | コメント (0)

JR東日本、大幅運休

大変なことになりました。

東京電力の輪番停電の実施が昨夜、正式に行われましたが、その影響で、本日、JR東日本在来線が大幅に運休することが発表されています。

公共交通機関など、重要インフラを提供している会社は停電の対象外だと想像していましたが・・・

3月14日の早朝、webサイトで確認した内容は以下です。

【運転する区間】
・山手線(全線)
・中央快速線(東京~立川間)
・京浜東北線(蒲田~赤羽間)
・常磐快速線(上野~松戸間)
・常磐緩行線(綾瀬~松戸間)

※JR東日本 http://www.jreast.co.jp/ 「東京電力の計画停電に伴うJR東日本管内の運行の影響について」より

| | コメント (4)

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

3月11日14時46分、三陸沖 北緯38.1度・東経142.9度 深さ24kmを震源とするマグニチュード8.8(3月13日 M9.0に修正)の日本国内観測史上最大の地震が発生しました。世界でも1900年以降5番目の規模の地震だったそうです。
震源から400kmほども離れた東京でも、ここ10年来に経験したことのないほどの大きな揺れが発生しました。

当日は鉄道などの公共交通機関の大半が完全にストップしてしまい、長距離通勤している僕たちは帰宅できずに会社に宿泊、翌日の昼頃にようやく帰宅できました。
地下鉄・私鉄の復旧は早く、特に地下鉄の一部路線は当日の復旧を果たしていたのには驚きましたが、その他の私鉄も翌朝には、急行・特急の運転は休止しているものの、通常の運行に復帰していました。地震当日に早々と当日中の復旧を取りやめたJRは、翌日になっても復旧のめどが立たない路線が目立ち、昼前になって本格復旧が始まった様子です。JRは非情に多くの路線を持ち、長距離路線も多いことから、広域災害からの復旧は容易ではないだろうと思いますが。

自宅の最寄り駅に到着してみると、やはりそこには普段どおりの風景が広がっています。そして、自宅の部屋の中も、台所にある洗剤などの不安定なものが下に落ちていた以外は特に変わった様子もなく、床に落ちて電池が外れた目覚まし時計が2時40分(少し遅れていた)を指して止まっていただけでした。

そして、TVに電源を入れて報道の映像を見た瞬間、たいした被害もないのに電車の遅れにやきもきしていた自分勝手な考えは吹き飛んでしまいました。

ネットでのニュースでも「200〜300人の遺体を確認」「陸前高田市街壊滅的被害」「気仙沼で大規模火災」などの見出しと、断片的な情報は確認していましたが、一夜明けてはっきりと見えてきたその後の惨状は想像を絶するものでした。
「壊滅状態」という言葉がこれほど酷いものであることなんて、この世に生をうけて以降、一度も見たことがありません。もちろん、阪神淡路大震災も凄惨な壊滅状態でしたが、そのさらにもっと上を行く状態だと感じました。

地震の破壊力も去る事ながら、揺れに必死に耐えた家々が「津波」という死神に飲まれ、人が地上に築いてきたありとあらゆる物を死の世界に持ち去っていく様子は恐ろしさに震えてしまうほどでした。ちっぽけな人間が築いた巨大建造物も財産も、地震や津波、台風などの自然災害の規模の前には如何に取るに足らないものであるかを思い知らされます。

当面は震災の惨状、復旧活動、そして福島第一原発の動向に注視し、社会的に支援活動や救援が行われると思いますが、日常生活が守られた被災地以外では、もはや風化が始まりつつあると思います。
現に、地震の直接影響を受けた東京でも、月曜からはいつもどおりの活動を始めることが暗黙の了解ですし、そうしない理由がありません。
そしてさらに数日も経てば、同じ国土でありながら、他所で起こった悲しい出来事、として記憶に留めるフェーズに移ってしまいます。東京直下大地震の危険に、今現在、如何に晒されていようともです。

今まさに被災地で大変な事態に途方に暮れている被災者の方々の身の上は、他人事とはとても思えませんが、社会というシステムの一欠片の立場では、そうならざるを得ず、どうすることもできない自分たちの無力を感じざるを得ません。日々の仕事をこなし前進することで間接的にでも力になっていくしかないんでしょうね。

今はただ、被災して亡くなった方々の冥福、救助を待っている方々の一刻も早い安全確保、被災地の復興を祈るばかりです。

| | コメント (0)

地震!! 平成23年3月11日 宮城県 三陸沖

14:48頃、東京都内でもかなり大きな揺れが来ました!

宮城県北部で震度7を観測する大地震が発生したようです。
震源が三陸沖とのことなので、津波もかなり大きいようで・・・現地の被災状況が心配です。
ニュースでも今はまだ詳しい状況が伝わっていませんが、徐々に被災状況が明らかになってくるかもしれません。大きな人的被害が出ていなければいいのですが。。。

東京での揺れは震度5強。震源からは遠かったので、軽い縦揺れのあと、けっこうな間を置いて本震が、ゆっくり長い周期で揺れていた感じです。
揺れている間は会社の建物がきしみ音を上げていたのが印象的でした。

本震が終わっても長く振幅の大きい横揺れが長時間持続しており、もしかするとこれが「長周期地震動」というやつなのかと思いました。

一時、屋外に避難しましたが、今は事務所に戻って落ち着きを取り戻しています。帰宅のとき電車がまともに動いてるかわかりませんね。

| | コメント (0)

コンビニエンスストアが閉店

会社のすぐ近くにあるコンビニエンスストアが2月いっぱいで閉店することになりました。
今日まで、毎朝買い物していたので残念です。

店舗の場所は、JRの最寄り駅から離れた場所にあって、線路や電車の車両基地で分断されているため、駅から離れるほど商業施設は全く無くなり、足を運ぶ人は限られているので、店としての立地は厳しいものだったのではないかと思います。
そして、小さな小さな店だったので商品もたくさんは置けず、あとから駅前にできた大きなセブンイレブンにだいぶ客を取られたのではないでしょうか。

普通に考えると品揃えの良い大きな店に行くところですが、僕個人的には、何度か入ったときの印象がいずれも悪かったので、駅前のほうは利用しなくなりました。

数年の間通っていたわけですが、先週の初めに急に店内の商品が激減していて、驚いて店内を見ると3月1日(朝7時まで)で閉店するという張り紙がしてあったのです。そして今朝は実質最後になりました。

いつもどおり、商品をいくつか持ってレジで会計をしていると、ちょうど客が切れたこともあって、横にいたオーナーのご主人と、レジの奥様から「今までどうもありがとうございました」とお礼を言われました。
この店はオーナーのご夫婦が朝の時間帯に店に出ておられるので、お二人とは毎日顔を合わせていたわけですが、毎日たった400円ほどの買い物しかしていなかったのに覚えていてくださったようで、思わず嬉しくなってしまいました。

長い間お疲れさまでした、程度のことしか言えませんでしたが、こんな方々だったからこそ今まで通っていたんだと思いますし、ちょっとした心の通い合いにあたたかい気持ちになったと同時に、最初で最後だったことを思うと残念な気持ちになりました。

| | コメント (0)

熊本帰省。だけどPCがクラッシュ!?

昨日は仕事納め。普段より早く、15時で業務終了でしたので、そのまま飛行機で熊本に帰省しました。
PCを含むほとんどの荷物を宅配便で送っていたので、手荷物はごく少量です。

実家に到着してから宅配で送った荷物を開き、PCを取り出し、電源ON、いつも通りログインしたところ、デスクトップの様子が変です。
サイドバーのガジェットが初期状態に勝手に変わっており、デスクトップアイコンやスタートアッププログラムが一部消えています。

起動のときの読み込みに失敗したのかと思い、一旦ログアウトして再ログインしたところ、以下のメッセージが出てログイン不能になりました。

「User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。ユーザー プロファイルを読み込めません。」

再起動でもNG。
セーフモードで起動すると、ログインできてデスクトップも表示されましたが、プロファイルが読み込めなかったのでデフォルトのプロファイルで起動した、とのことです。

登録されているユーザーが1つしか無かったので、とりあえず、管理者権限を持つユーザーをもう1つ作っておきました。
その後、rebootしてWindowsを通常起動すると、新しいユーザーではログインできました。

ネットでいろいろ見ていると、新しいユーザーを作成して、ログイン出来なくなったユーザーのプロファイルデータをコピーして、以後は新しいユーザーの環境で利用する、という解決策が見つかりました。

ただ、この方法だと、プログラムが個人プロファイルに保存したデータなどの環境は引き継げますが、ユーザーごとの設定は初期状態になりますので、都合が悪いです。

システムのプロパティでユーザープロファイルの状態を確認すると、不具合のあるユーザーの状態が「バックアップ」のままになっています。

もうちょっと調べてみると、レジストリの簡単な修正で元通り復元できる場合があることが判りました。

Winキー+Rで「ファイル名を指定して実行」を出し、regeditと入力してレジストリエディタを起動、レジストリキーをチェックします。

なお、常套句ですが、レジストリの操作はシステムの動作に大きく影響しますので、変更を伴う操作を行う場合は、自己責任のもと、あらかじめバックアップをとるなどして万全を期するようにしてください。

以下のキーを探します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\ProfileList

この配下にいくつかのサブキーがあるはずですが、これらはシステムアカウントやユーザーに割り当てられるセキュリティ識別子です。
桁数の多いものがユーザーのものなので内容を確認していくと、ありました。

たとえば、セキュリティ識別子の S-1-5-21-・・・・・・-1234 というものがあるとすると、これと同時に、S-1-5-21-・・・・・・-1234.bak というものがありました。

.bak のほうを見ると、値:ProfileImagePath のデータが "C:\Users\ユーザー名" になっていて正常なのに対し、.bak無しのほうは "C:\Users\TEMP" となっており、また、このほかのレジストリ値が少なく、明らかにおかしいです。

ネットで見つけた手順どおり、レジストリキーの名前を変更します。
(1) .bak無しのほうのレジストリキーの名前の末尾に、".broken" 等を追加(何でもいいです)
(2) .bak有りのほうのレジストリキーの名前から、".bak" の4文字を削除
完了したらシステムを再起動します。

おかしくなったユーザーでログインしたところ、元通りの環境でログイン成功しました!!

帰省先で、環境も道具もなにも無いところでシステムクラッシュしてしまい、もうダメかと思いましたが、最低限、インターネットに接続することが出来るだけでかなり助かりますね。

無事復活できてホッとしました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧